• US$
  • £
検索

カート

ロード中

ニコチンの自己紹介

Aug 1, 2021

*未成年やタバコが慣れない人は本製品を使用しないでください。


ニコチンの自己紹介


こんにちは、ニコチンと申します。私の名前は、植物の学名Nicotiana tabacum、タバコに由来しています。

あらゆるタバコ関連の病気のスケープゴートになっています。 私はこのように見えます

image.png

ご存知のように、私はタバコに含まれているのですが、トマトやゴジベリーなどのようなナス科の多くの植物の果実にも含まれています。 これらの野菜やハーブは体に良い健康食品として認められていますが、タバコに含まれている場合には私はとこしえに罪人となるなので、 困っています。

タバコが有害だと思われているのは、実は私のニコチンではなく、ベンゾピレンや一酸化炭素など、高温で燃やすことで発生する様々な化学物質のせいなのです。

自己弁護しようと思いますが、私は完全に無害わけではない。なぜなら、私は悪っぽいからです。摂りすぎると、依存したり、心血管疾患になったりさせる恐れがあります。

タバコを吸うと、私はその煙とともにあなたの肺に入ってから、肺静脈の血液循環を経てお体に入り、それから動脈血の循環を経て脳に直接届けます。 こんな作業は、6~10秒だけで完了します。 脳内に「ドーパミン」というものを分泌させることができるのですが、これはワクワクして幸せな気分になる「精神刺激薬」のようなものです。

しかし、私は水溶性のため、約2~18時間で代謝されるのです。 リラックスして幸せを感じ続けるためには、私が常に体内に供給される必要があるのです。それは私に依存している原因だと思われています。

約100年の間、私はほとんど「死亡」や「がん」などと密接に結びついており、タバコに関連する病気などの諸悪の根源だと評価されています。

しかし、病気や死亡の本当の原因は私ではありません。



現在、専門家の中には、本当に有害なのは私ではなく、タールや一酸化炭素などの他の有害物質であると、評価を取り戻してくれる人もいます。


英国のNICE公衆衛生ガイダンスは2013年に、病気や死亡の主な原因は私ではなく、主にタバコの煙に含まれる毒素や発がん性物質だと述べています。

“It is primarily the toxins and carcinogens in tobacco smoke – not the nicotine – that cause illness and death.”

*NICE Public Health Guidance: Tobacco Harm Reduction Approaches to Smoking (2013)


また、アメリカ保健省の2010年公衆衛生局報告書によると、煙の中には7,000以上の化学物質が含まれており、その中には数百種類の有毒なものもあり、少なくとも69種類の発がん性物質が知られていますが、 私もいっさい入っていないのです。

“When individuals inhale cigarette smoke, either directly or secondhand, they are inhaling more than 7,000 chemicls: hundreds of these are hazardous, and at least 69 are known to cause cancer.”

*How Tobacco Smoke Causes Disease: The Biology and Behavioral Basis for Smoking-Attributable Disease: A Report of the Surgeon General.

私を得るためにタバコを吸うのですが、タールなどの有害物質に悩まされている。


ですから、

「タバコを吸わない方は始めないでください。

タバコを吸っている方は、ぜひタバコをやめてください。

タバコをやめるのが難しい場合は、燃やさずに加熱する方が危険性の低い選択肢です。」

と言わせてください。

<< タバコにグリセリンを入れるのはなぜですか

>> 燃やさずに加熱するとは?